妊娠中のカルシウムサプリメント






妊娠中毒症のトラブルを軽減してくれるカルシウム!!ものです。
よく知られているのは、カルシウムが骨や歯を作る栄養素であるということですが、血液や体液、神経などの組織など広く骨や歯以外にも含まれているようです。
お腹の赤ちゃんは、体の成長に必要なカルシウムを胎盤を通して受け取り、体を作ります。栄養素がたくさんある中で、鉄分とカルシウムは特に日本人に不足気味な栄養素だといいます。カルシウムを、妊娠中は自分だけでなくお腹の赤ちゃんのことも考えて、しっかりと摂取するべきです。
カルシウムの妊娠中の摂取量は1日900mgで、非妊娠時の1.5倍は摂る必要があります。妊娠中は腸管からのカルシウム摂取量が増えるので、無闇にサプリメントなどを増やす必要はありません。きちんと1日に必要な量を摂ることがまず大事なことです。
近頃販売されているのが、様々なカルシウムサプリメントです。基本的には食事で栄養を摂取し、不足分を補うためにサプリメントを使いましょう。食事がサプリメントを使っているからとおろそかになっては、反対に悪影響ではないでしょうか。実は人間はカルシウムを体内で作ることができないのです。日々する必要があるのが、何かの形で補給をすることです。サプリメントの中でもカルシウムは、効果的に妊娠中毒症に関するトラブルを軽減できるといわれているのです。










カルシウムって骨や歯だけじゃなく、血液や体液、神経などの組織にも含まれているのね